タグ: LaTeX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[メモ] pLaTeX+dvipdfmxを使って作成したPDFファイルにフォントを埋め込む方法

たぶんやり方はたくさんあると思うけど、僕が卒論の原稿にIPAフォントを埋め込んだときに使った方法。

OSはWindowsで、TeXのプログラムはW32TeXをほぼそのままインストールしただけ。

基本的にはdvipdfmxを使ってPDFを作成する。dvipdfmとかを使ってもうまくいくかは知らない。

続きを読む

スポンサーサイト

心理学用BibTeXスタイルファイルのバグ(?)

心理学学会の投稿規定に沿った形に整形してくれるBibTeXスタイルファイルに、beta_jecon2nonote.bstというものがある。Googleで検索しても開発者のサイトにしかヒットしないから、あまり使っている人は多くないのかな?

卒論を書くのにすごく愛用しているんだけど、先日バグ(?)らしきものを見つけたので、ちょっとブログで公開してみる。開発者にメールで伝えるべきか迷っているけど、バグなのか使い方が間違っているのかがいまいちわからないから躊躇しているところ。

詳細は続きで。

続きを読む

[卒論] LaTeXのビルドにOMakeを使ってみた

OMake つかって LaTeX コンパイルしたら簡単すぎて身長が5cm伸びた - 日記を書く[・ _ゝ・]はやみずさん

LaTeX のコンパイルめんどくさい。何がめんどくさいって、ref つかうと2回コンパイルしなきゃいけないとか、bibtex の使い方覚えられないとか。そもそもファイル保存するたびにコンパイルしなおすとか、、、

(略)

で、OMake つかったらあまりに簡単すぎてわろた。

うわーーーん><こんな記事を上げられたらまた卒論そっちのけでTeXとかいじりはじめちゃうじゃないかーーー><

というわけで、

卒論原稿のLaTeXファイルをOMakeでビルドしてみました。Windows環境だからちょっと面倒かも。

OMakefile等は続きで。

続きを読む

TeXで新しいフォントを使うためのバッチファイル

TeXでアームド・レモンというフォントを使えるようにするために使ったバッチファイルをメモ。アームド・レモンのTTFファイル(ArmedLemon.TTF)はC:\WINDOWS\Fontsにインストール済み。

@echo off

set FONT=ArmedLemon
set TEXDIR=C:\LaTeX

set FONTDIR=%TEXDIR%\share\texmf\fonts

copy "%FONTDIR%\tfm\ptex\jis.tfm" "%FONTDIR%\tfm\ptex\%FONT%.tfm"

cd "%FONTDIR%\vf\ptex"
"%TEXDIR%\bin\makejvf.exe" "%FONT%" "%FONT%"
move "%FONT%.tfm" "%FONTDIR%\tfm\dvips"

echo %FONT% H %FONT%.ttf>>"%FONTDIR%\map\dvipdfm\base\cid-x.map"

"%TEXDIR%\bin\mktexlsr.exe"

PDFで表示するだけならこれだけで充分っぽい。なぜこれで充分なのかはまだわかっていない。時間と余力があるときに解説エントリを書ければいいなと思っている。

LaTeX で多書体 --- 任意のフォントを扱う方法」というサイトを参考にした。

LaTeXで文系論文を書いてみる

以前、DocBookで文系論文を書いてみるというようなこと言っていたが、結局それは断念してしまった。FOPの日本語組版のレベルが低すぎて使い物にならない上に、DocBook XSLも基本的には英語圏向けであまり日本語環境に向いているとは言えなかったから。なので、結局はTeXを使ってレポートを書くことにした。今さらTeXというのも古臭い感じがして嫌なのだが、他に良い選択肢がないので仕方がない。

ということで、今度はWindows XP上にLaTeX環境を構築するにあたってのメモ書きを残しておこうと思う。

ちなみに、TeXに入門するまでの間に、86世代の人たちにだいぶお世話になった。この場を借りて感謝。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。