タグ: XML

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KeeperでKeePass 2.xのファイルを読むためのXSLファイルを更新しました

Keeperを使ってKeePass 2.xのデータをiPhoneで読む / LiosK-free Blog

KeePassのエクスポート画面 (File -> Export) を起動したら、↑の図のようにFormatにTransform using XSL Stylesheetを選び、エクスポートするファイル名としてkeeper.txtを指定します。

iPhoneで使っていたKeeperがいつのまにかカスタムフィールドに対応していたので、KeePassファイルのエクスポートに使うXSLスタイルシートを修正しました。

カスタムフィールドのkey-valueペアはJSONオブジェクトの配列として第7カラムに収まる仕様になったようなので、今まではメモ欄にまとめられていたKeePassのカスタムフィールドを一部JSON化して放り込むように改良しました。

続きを読む

スポンサーサイト

iPhone用KeeperでKeePass 2.xのファイルを読むためのXSLTを更新しました

[追記 (2013-03-10)] Keeperがカスタムフィールドに対応したので、XSLスタイルシートを修正して、改行を含まないカスタムフィールドはKeeperでもカスタムフィールドとして扱えるよう修正しました。この記事内のXSLスタイルシートは最新版に差し替えられています。

Keeperを使ってKeePass 2.xのデータをiPhoneで読む / LiosK-free Blog

KeePassのエクスポート画面 (File -> Export) を起動したら、↑の図のようにFormatにTransform using XSL Stylesheetを選び、エクスポートするファイル名としてkeeper.txtを指定します。

iPhone用のKeeperがいつのまにかURLフィールドとアプリ内ブラウザに対応していたので、KeePassのエクスポートに使うXSLスタイルシートを仕様変更しました。

今まではメモ欄に詰め込んでいたURLをURLフィールドに表示するように独立させました。

続きを読む

Keeperを使ってKeePass 2.xのデータをiPhoneで読む

[追記 (2013-03-10)] Keeperがカスタムフィールドに対応したので、XSLスタイルシートを修正して、改行を含まないカスタムフィールドはKeeperでもカスタムフィールドとして扱えるよう修正しました。この記事内のXSLスタイルシートは最新版に差し替えられています。

[追記 (2011-02-27)] KeeperがURLフィールドとアプリ内ブラウザに対応したので、XSLスタイルシートを修正してURLフィールドをメモ欄から独立させました。

KeePass Password Safeはさまざまな機能を持ったオープンソースのパスワードマネージャーで、Windowsの他にMacやLinuxでも使うことができる便利なソフトウェアです。

僕はKeePassを使うようになって以来、ほとんどのパスワードをKeePassで生成するランダムな文字列にして、それらを全部KeePassに放り込むようにしているので、今やKeePassは僕にとってなくてはならないソフトのひとつになっています。

そんなKeePassですが、今までiPhoneで使うことができなくてとても困っていました。一応、iKeepassMyKeePassというiPhoneアプリはあったのですが、どちらのアプリもKeePass 1.x系のファイルにだけ対応していて、僕が使っているKeePass 2.x系のファイルには対応していない模様… (MyKeePassは2.x系への対応を進めているようです。iKeepassは一向に日本のApp Storeでダウンロード可能にならない…)

以前はPCでこなしていた作業が最近次々とiPhoneに移っていく中で、パスワード管理だけが今までどうにもならず、あーでもないこーでもないと試行錯誤していたのですが、このほどKeeperというアプリを使ってiPhoneでKeePass 2.xのデータを扱う方法を発見したので紹介してみます。

もちろん脱獄は不要で、しかも無料の方法です。可能なのは読み取りだけですが、KeePass関連のiPhoneアプリが成熟してくるまでのつなぎとしては十分な方法でしょう。

続きを読む

[Java] javax.swingに挑戦中

[13:59:24] LiosKの発言: XMLエディタ作りたい><

ということで、swing使ってJavaでがんばってます。Javaは初めてだから全然わからないけど。

とりあえずソースを晒してみる。kerriaというパッケージ名は意味のない開発コード。

続きを読む

DocBookで文系論文を書いてみる 3日目

前回までで、一応XMLファイルをXSLを使ってPDFに変換できる環境まではできたと思う。だから今日は、DocBook文書をXSLを使ってPDFに変換してみる。

ということで、やるべきことは以下の2点

  • DocBook文書をXSL-FOに変換するためのXSLTを手に入れる
  • XSLTにパラメータを渡して、実際の出力をコントロールするためのXSLTを作成する

ということで、順番に説明していく。

続きを読む

DocBookで文系論文を書いてみる 2日目

前回は、Apache FOPを入れて、簡単なXML文書をPDFにするところまでで終わった。今日は日本語フォントを導入してみようと思う。

日本語ではここのサイトが非常に参考になるが、情報がやや古い。フォントに関しては、Apache FOPのサイトの「Apache FOP: Fonts」に詳しい情報が載っているので、これを参考にした。

導入したフォント

FOPでは、XML形式のFont Metricsファイルというものを用意しないといけない。FOPにはフォントファイルからFont Metricsファイルを生成するツールが同梱されているので、それを使ってfont metricsファイルを作成する。フォント形式はType1とTrueTypeに対応しているとのこと。

続きを読む

DocBookで文系論文を書いてみる 1日目

twitterで何を使って卒論を書こうかと考えていたときに、DocBookが候補にあがった。そこで、DocBookについてはほとんど何も知らないし、DocBookをPDF化する環境も整っていないけど、DocBookに挑戦してみることにした。

日本語でDocBookを使うのは相当面倒らしいけど、途中で心が折れないようにがんばろう。仮に、DocBookが駄目だったとしても、XML → XSL → PDFの変換環境を作ったり、本格的にXSLを勉強しておくのは悪いことではないと思うし。

ということで、がんばってみる。

続きを読む

[JavaScript]responseXMLではまった

XMLHttpRequestのresponseXMLを使ってJavaScriptでXMLを読み込んでいたときにいろいろとつまづいたので、サンプルコードを書きつつメモ。間違いやもっといい方法などがあればぜひ教えていただきたい。

サンプルのXMLは、ホットペッパー Webサービス料理名マスタAPI(application/xml)のデータを使わせてもらった。

一部抜粋すると↓のような感じ。

ホットペッパー Webサービス - 料理名マスタAPI

<Results>
    <NumberOfResults>64</NumberOfResults>
    <APIVersion>1.11</APIVersion>
    <Food>
        <FoodCD>R001</FoodCD>
        <FoodName>和食全般</FoodName>
    </Food>
    <Food>
        <FoodCD>R002</FoodCD>
        <FoodName>懐石料理</FoodName>
    </Food>
</Result>

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。