アーカイブ: 2008年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはやばい (金銭的な意味で)

さて、どうしよう。

流動資産: 6,890円
※ GnuCash のスクリーンショット

スポンサーサイト

これシュール画像だろうw

思わず笑った。

【楽天市場】超快適!学校、オフィスでのお昼寝が、もっと楽しくなる♪うつ伏せでも楽に呼吸ができで、ぐっすり熟睡♪純日本製100%!FISLAND低反発うつぶせお昼寝枕60mm厚【うち2000以下】:スポンジ専門店ソフトプレン

P.S.

いつも思うけど、楽天の商品タイトルとかページタイトルがすごく下品なのは何とかならないのだろうか。ブラウザで見るだけならまだいいんだが、API経由で取得したりすると本当にがっかり。

UIのお手本 (反面教師的な意味で)

あまりよくないと思うユーザーインターフェース×2。

普段使っててすごく使いづらいから、自分が何か作るときは気をつけようと思う。

続きを読む

[メモ] とても単純なボックスを表示する XHTML + CSS

完全に自分用のメモ。

IE6 のバグと CSS の仕様に翻弄されて疲れたので忘れないうちにメモ。

続きを読む

[JavaScript] typeof arg == 'undefined' っていらないんじゃね?

以前にも JavaScript の null と undefined に関する記事を書いたことがあったが、またしても性懲りもなく null と undefined の挙動につまずいて、 ECMAScript 3 の仕様書まで調べ直したので、メモ代わりにエントリー化。

Abstract

このエントリーの内容をざっくりとまとめると、

something == null

がどういう値を返すのかが気になって、ECMAScript 3 の仕様書までさかのぼって調べてみると、

     null == null
undefined == undefined
     null == undefined
undefined == null

のパターンでのみ true を返すということがわかった、という話。細かい経緯は続きで。

続きを読む

gVim on Windowsを半透明にしてみた

特に深い意味はなく、なんとなく憧れたので、gVimを半透明にしてみた。

半透明になったgVimの図

続きを読む

[PHP] 文字列中の波括弧記法が気持ち悪すぎる

PHPでは、二重引用符 (") で括った文字列の中で、波括弧 ({}) を使って変数を展開できたりするわけだが、この波括弧記法があまりにも強力すぎて気持ち悪かったので書いてみる。

続きを読む

Zend_View with HTML_Template_Flexy が意外と簡単だった件

Zend_ViewからSmartyを使うクラスはネット上を検索すると結構出てくるんだけど、Zend_ViewとHTML_Template_Flexyを組み合わせたクラスはなぜか全然見つからない。

Zend_View + Flexyを使いたい人っていないのかなーとか思いながら、適当にZend_ViewとFlexyを組み合わせてみたら、思った以上に簡単に作ることができてしまって驚いた。

とりあえず、↓のようなクラスを使えば、一応動くものができてしまう。

<?php
require_once 'Zend/View.php';
require_once 'HTML/Template/Flexy.php';

class My_View extends Zend_View_Abstract
{
    protected function _run()
    {
        $flexy = new HTML_Template_Flexy();
        $flexy->compile(func_get_arg(0));
        $flexy->outputObject($this);
    }
}

続きを読む

[mod_rewrite] URLにヌル文字が混ざると書き換えに失敗する

たまたま見つけたのでメモ。

mod_rewriteを使ってるサイトにアクセスするときに、

http://example.com/%00

みたいな感じにヌル文字をURLに含めると、なぜか404 Not Foundが返ってきてしまう。ネットで検索しても全然情報が見つからないんだけど、これって常識だったりするのかな?

再現方法

↓のようなindex.txtと.htaccessをサーバーの適当なディレクトリに置く。

index.txt
helloworld
.htaccess
RewriteEngine on
RewriteRule .* index.txt

このように設定すれば、どのようなURLでこのディレクトリにアクセスしても、単にhelloworldと出力されるだけなはずで、実際にその通りになる。でも、URLに%00を含めると↓の画面。

Object not found!

WinXP + XAMPPで走っているローカル環境でもこの現象は起きたし、XREA.COMのサーバーでも起きた。

なんなんだろう、これ。null文字で挙動が変わると、インジェクション攻撃されるんじゃないかと若干不安になるんだが。

iTunes 8をインストール

未だに白黒画面のiPodを使っている。

iPod 4G ← 以前壊れて、自力でハードディスク交換してから未だに壊れない

「お使いの機種は古すぎてサポートしていません。」とか出たらどうしようとか思って、いつもビクビクしながらiTunesをアップグレードするんだけど、iTunes 8では問題なく使えたので一安心。

iTunesでiPodをサポートしなくなるとか、普通ならありえないことだけど、Appleならやりかねない。

[Haskell] 素数列を生成するアルゴリズム×3

最近すっかりブログから離れていたので、リハビリがてらにメモ代わりのエントリー。

Haskellで素数の無限リストを生成する関数を3つほど作ったのでメモ。

primes1 = 2:f [3,5..] where f (x:xs) = x:f [y | y <- xs, mod y x /= 0]

primes2 = 2:filter f [3,5..]
    where f n = all ((/= 0) . (mod n)) (takeWhile ((<= n) . (^ 2)) primes)

primes3 = 2:f [3] [3,5..]
    where f (x:xs) ys = let (ps, qs) = span (< x^2) ys
                        in  ps ++ f (xs ++ ps) [z | z <- qs, mod z x /= 0]

primes2に関しては1000000個の素数 - HaHaHa! - haskellを、primes3に関しては誇大宣伝ではないエラトステネスの篩 - HaHaHa! - haskellをそれぞれ参考にした。

以下解説。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。