XREAでMTOS (Movable Type Open Source)を導入してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XREAでMTOS (Movable Type Open Source)を導入してみた

XREAのサーバーにMovable Typeを導入するというのは何回もやってきたことなのだが、今回はSSHを使ってやってみた。シェルをほとんど使ったことがなかったから苦戦したが、以前よりもかなり早く導入できるようになった。

今までは、シェルを知らなかったから、↓のようなすごく非効率的なことをやっていた。

  1. MTOSのダウンロードページからZIPをダウンロードする。
  2. ZIPを展開
  3. FTPでアップロード (2000ファイル近くある上に、しばしば失敗する)
  4. ちまちまと権限を設定

今回はXREAのサーバーにSSHで接続してやってみた。

SSH接続

  1. XREAの管理画面の「ホスト情報登録」でSSHでアクセスするためのIPアドレスを登録する。
  2. TeraTermでs???.xrea.comにアクセスする。プロトコルはSSH2ではなくSSH。
  3. 管理画面と同じユーザー名とパスワードでログインする。

MTOS取得

SSHでログインしたら、MTOSを導入するディレクトリまで移動する。

その次に、↓のコマンドでMTOSのZIPファイルをダウンロードする。

wget http://movabletype.org/downloads/MTOS-4.1-en.zip

↓ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、ディレクトリ名をmtに変える。

unzip MTOS-4.1-en.zip
mv MTOS-4.1-en mt

次にパーミッションを設定する。ディレクトリと*.cgiのファイルは705に設定し、残りを604に設定するためのコマンドが↓

chmod -R 705 mt
find mt -type f -exec chmod 604 {} \;
chmod 705 mt/*.cgi

まとめ

以上の操作をまとめてゴミ掃除を追加したのが↓のシェルスクリプト

wget http://movabletype.org/downloads/MTOS-4.1-en.zip
unzip MTOS-4.1-en.zip
rm MTOS-4.1-en.zip
mv MTOS-4.1-en mt
chmod -R 705 mt
find mt -type f -exec chmod 604 {} \;
chmod 705 mt/*.cgi

たぶん人生で初めてシェルスクリプトを書いた。これは便利だー

スポンサーサイト

関連記事

トラックバック URL

http://liosk.blog103.fc2.com/tb.php/101-14bcbd51

トラックバック

コメント

ちょうどXREAでMTOS入れるところでしたので、
参考にさせて頂きます。シェルも使えるんですね。
ありがとうございます。
  • 2008-06-16
  • by 1日10分で10,000アクセスを得る7つの【極秘】ステップ
  • id:sqCyeZqA
  • 編集

コメントの投稿

お名前
コメント
編集キー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。