Xmingを使ってみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xmingを使ってみた

Xmingをインストールして遊んでみた。

導入自体はとても簡単で、SourceForgeのXmingのサイトでmsi形式のインストーラをダウンロードしてきて実行するだけ。PuTTYとXLanchをちゃんと組み込んでおく。

起動するのも簡単で、XLanchを起動してウィザードに従って起動するプログラムとホスト、ユーザ名、パスワードを指定するだけ。

Xmingを実行している画面

↑の画像はXmingで学校のサーバーにアクセスして、ウィンドウを3つほど立ち上げたところ。なぜか派手に文字化けしている。XLanchで何かパラメータを指定してやればいいらしいんだけどよくわからず。どうすればいいんだろう。

正直なところ、応答速度が遅すぎて使いづらい。学校のサーバーがCygwinで走っているからかもしれないが、どこがボトルネックになっているかがよくわからん。

スポンサーサイト

関連記事

トラックバック URL

http://liosk.blog103.fc2.com/tb.php/113-80b142ab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

お名前
コメント
編集キー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。