vimのフォントをIPAゴシックにしてみた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vimのフォントをIPAゴシックにしてみた。

アンチエイリアスな雰囲気に憧れて、vimのフォントをIPAゴシックに変えてみた。

_gvimrcで↓を指定。

set guifont=IPAGothic:h11,MS_Gothic:h11

vimでMS GothicとIPAGothicを使ってみた図

意外と気に入っている。

でも、ハット(^)とチルダ(~)が同じ文字になってるのは何とかならないのか~!?

追記

Windows XPで、ClearTypeをonにしていない場合、IPAゴシックにするとすごく汚くなることがわかった。

バイト先のPCではスペック不足からClearTypeをonにするのがためらわれるので、結局がIPAゴシックへの変更は断念。残念。

スポンサーサイト

関連記事

トラックバック URL

http://liosk.blog103.fc2.com/tb.php/123-209e1421

トラックバック

コメント

コメントの投稿

お名前
コメント
編集キー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。