UUID.js を CodeRepos に放流しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UUID.js を CodeRepos に放流しました

[追記] UUID.jsの最新版はGitHubで公開されています! (解説記事)

表題の通り、UUID.js を CodeRepos に放流しました!

root/lang/javascript/UUID.js - CodeRepos

まだまだ育て甲斐のある状態なので、どんどんいじっちゃってください!

ディレクトリ構成

/trunk
開発中の最新版 (バージョン 2.x 系統)
/branches/dev-1.x
UUID Version 4 だけに対応したバージョンのためのブランチ。UUID Version 4 があれば十分、という人が圧倒的多数だと思われるので、ブランチとして残した。
/tags/release-1.1
リリースしたもの (UUID Version 4 に対応)
/tags/release-2.0
リリースしたもの (UUID Version 1, 4 に対応)

@todo

乱数生成 (散々言ってるけど)
乱数の品質が重要なのに、まだ乱数生成のアルゴリズムがナイーブすぎる気がします。RFC 1750 を読んで、適切な乱数を生成したいところだけど、今は時間がないのでとりあえず放置。暗号論的乱数とか乱数の攪拌関数とかの話に強い人がいたら、助けてくれるとありがたいです><

蛇足

バージョンって言葉の使い方が難しい><

UUID のバージョンを指すのか、UUID.js のバージョンを指すのかが曖昧になってくる><

スポンサーサイト

関連記事

トラックバック URL

http://liosk.blog103.fc2.com/tb.php/157-b105d8ef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

お名前
コメント
編集キー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。