coLinuxが意外と簡単に使えて驚いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

coLinuxが意外と簡単に使えて驚いた

coLinuxを久しぶりにインストールしてみた。以前導入したときはネットワークの設定とかがやたらと面倒だった記憶があるんだけど、今日やってみたらものすごくすんなりいってしまって驚いた。

とりあえずインストール方法をメモ。

必要なものをダウンロード

ダウンロードページから必要なものをダウンロードしてきます。

必要なのはcoLinuxのインストーラーとUbuntuのイメージファイル。現時点の最新版はcoLinux-0.7.3.exeUbuntu-7.10.ext3.2GB.7z

coLinuxのインストール

インストーラーの指示に従って素直にcoLinuxをインストールします。

インストールしたコンポーネントは↓のような感じ。

インストール画面のスナップショット

使わないからTAPは外してみた。一番下のRoot Filesystem image Downloadというチェックも外してある。

インストール先も素直にC:\Program Files\coLinuxに設定してインストール終了。あっという間。

Ubuntuイメージのインストール

インストールといっても、ダウンロードしたファイルを解凍して出てきた中身をC:\Program Files\coLinuxにコピーするだけ。7z形式を解凍できなくて泣きそうになっていたことは秘密。

設定ファイルを用意

↓のような内容の設定ファイルをC:\Program Files\coLinux\ubuntu.confに保存。

# カーネル
kernel=vmlinux

# Ubuntuのイメージファイル
cobd0="C:\Program Files\coLinux\Ubuntu-7.10.ext3.2gb.fs"

# スワップ用のイメージファイル
cobd1="C:\Program Files\coLinux\swap128.fs"

# よくわからない
root=/dev/cobd0
ro
initrd=initrd.gz

# メモリ容量は128MB
mem=128

# ネットワーク設定に必要らしい
eth0=slirp,,tcp:2222:22

# ローカルのファイルにアクセスするために必要
cofs0=C:\

起動

設定ファイル名を指定してcolinux-daemon.exeを起動。

C:\Program Files\coLinux> colinux-daemon @ubuntu.conf

これで起動完了。コンソールウィンドウが立ち上がったはず。

まずはroot/rootでログインする。

マウントの設定

デフォルトではローカルドライブが/optにマウントされるけど、個人的にはちょっと気に入らないので、これを/mnt/cに変えてみる。

まずは/mnt/cというディレクトリを作ったら、vimで/etc/fstabを開く。

mkdir /mnt/c
vim /etc/fstab

/etc/fstabの末尾を↓のようにちょこっと修正。

cofs0	/mnt/c	cofs	defaults	0	0

これで/mnt/cにマウントされるようになる。

apt-getとか

とりあえずいろいろとアップグレード。

apt-get update && apt-get upgrade

SSHのインストール

SSHサーバーを入れておく。

apt-get install ssh

ユーザーの追加

普段使い用のユーザーアカウントを作成。

useradd liosk -m
passwd liosk

SSHでアクセス

一度coLinuxを再起動したら、TeraTermなどでlocalhost:2222にアクセスする。

TeraTermでアクセスした図

わーい、普通にアクセスできたー

まとめ

  • 意外と簡単にcoLinux環境が構築できた
  • セキュリティ関係とか日本語関係とかの設定をしないといけないけど全くわからない

追記

TeraTermを使ってSSH経由だけで操作するようにしたら、日本語キーマップとか日本語入力とかの面倒な問題が全部解消するんだね!横着だけど最高!

スポンサーサイト

関連記事

トラックバック URL

http://liosk.blog103.fc2.com/tb.php/166-d497e526

トラックバック

コメント

コメントの投稿

お名前
コメント
編集キー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。