Keeperを使ってKeePass 2.xのデータをiPhoneで読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keeperを使ってKeePass 2.xのデータをiPhoneで読む

[追記 (2013-03-10)] Keeperがカスタムフィールドに対応したので、XSLスタイルシートを修正して、改行を含まないカスタムフィールドはKeeperでもカスタムフィールドとして扱えるよう修正しました。この記事内のXSLスタイルシートは最新版に差し替えられています。

[追記 (2011-02-27)] KeeperがURLフィールドとアプリ内ブラウザに対応したので、XSLスタイルシートを修正してURLフィールドをメモ欄から独立させました。

KeePass Password Safeはさまざまな機能を持ったオープンソースのパスワードマネージャーで、Windowsの他にMacやLinuxでも使うことができる便利なソフトウェアです。

僕はKeePassを使うようになって以来、ほとんどのパスワードをKeePassで生成するランダムな文字列にして、それらを全部KeePassに放り込むようにしているので、今やKeePassは僕にとってなくてはならないソフトのひとつになっています。

そんなKeePassですが、今までiPhoneで使うことができなくてとても困っていました。一応、iKeepassMyKeePassというiPhoneアプリはあったのですが、どちらのアプリもKeePass 1.x系のファイルにだけ対応していて、僕が使っているKeePass 2.x系のファイルには対応していない模様… (MyKeePassは2.x系への対応を進めているようです。iKeepassは一向に日本のApp Storeでダウンロード可能にならない…)

以前はPCでこなしていた作業が最近次々とiPhoneに移っていく中で、パスワード管理だけが今までどうにもならず、あーでもないこーでもないと試行錯誤していたのですが、このほどKeeperというアプリを使ってiPhoneでKeePass 2.xのデータを扱う方法を発見したので紹介してみます。

もちろん脱獄は不要で、しかも無料の方法です。可能なのは読み取りだけですが、KeePass関連のiPhoneアプリが成熟してくるまでのつなぎとしては十分な方法でしょう。

1. Keeperのインストール

まずはiPhoneでApp Storeにアクセスし、Keeperをダウンロードします。

Screenshot / App Store / Keeper

Keeper自体は「日本語がかなりアレだよね」とか「機能的になかなかアレだよね」とか「使い勝手的にちょっとアレだよね」というようなアプリなので、正直なところあまり使いたくはないのですが、このアプリには他のパスワード管理アプリとは違って、FTPを使ったインポート/エクスポート機能が搭載されています。

Screenshot / Keeper / FTP Import and Export

今回はこのFTPインポート機能を使って、KeePassのデータをiPhone上のKeeperに取り込みたいと思います。

2. KeePassからパスワードデータをエクスポート

Screenshot / KeePass / Main Window

KeePassのエクスポート機能はとても充実していて、XSLTを使って自由な形式でファイルの内容をエクスポートすることができます。今回はこのXSLTエクスポート機能を使って、KeePassのデータをKeeperでインポートすることができる5カラムのTSV形式に変換します。

Screenshot / KeePass / Export Window

KeePassのエクスポート画面 (File -> Export) を起動したら、↑の図のようにFormatにTransform using XSL Stylesheetを選び、エクスポートするファイル名としてkeeper.txtを指定します。

この状態でOKボタンをクリックすると、XSLTファイルを指定するためのダイアログが表示されるので、↓のXSLTファイルを適当な名前で保存して指定してあげます (view rawというリンクを右クリックして名前をつけて保存を選べば↓のファイルをダウンロードできます)。

複雑なことをやっているように見えますが、中身は単純です。

エクスポートされたファイルは↓のような内容になっているはずです。

Sample Entry 1	User Name	Password	Notes: Notes\nURL: http://www.somesite.com/\n	/MyPasswords
Sample Entry 2	User Name	Password	Notes: Notes\nURL: http://www.somesite.com/\n	/MyPasswords/General
Sample Entry 3	User Name	Password	Notes: Notes\nURL: http://www.somesite.com/\n	/MyPasswords/General
日本語エントリー	User Name	Password	Notes: 日本語メモ\n    日本語メモ\nURL: http://www.somesite.com/\n	/MyPasswords/Windows
カスタムフィールドあり	User Name	Password	extra string: helloworld\n    \n    helloworld\nNotes: Notes\nURL: http://www.somesite.com/\nカスタム: カスタムフィールド\n    カスタムフィールド\n	/MyPasswords/Network
Sample Entry 4	User Name	Password	Notes: Notes\nURL: http://www.somesite.com/\n	/MyPasswords/Internet
Sample Entry 5	User Name	Password	Notes: Notes\nURL: http://www.somesite.com/\n	/MyPasswords/eMail
Sample Entry 6	User Name	Password	Notes: Notes\nURL: http://www.somesite.com/\n	/MyPasswords/eMail
Sample Entry 7	User Name	Password	Notes: Notes\nURL: http://www.somesite.com/\n	/MyPasswords/Homebanking

3. FTPを使ってKeeperにインポート

↑で作成したkeeper.txtをFTPでアクセス可能なサーバーに保存します。

iPhone側でKeeperを立ち上げたら、「バックアップ → FTPインポート/エクスポート → テキスト形式で取り込む」とたどります。

Screenshot / Keeper / Backup Screenshot / Keeper / FTP Import and Export Screenshot / Keeper / Import Text File

keeper.txtを保存したFTPサーバーのホスト名、ログインユーザー名、パスワード、keeper.txtを保存したディレクトリのパス等を指定してすぐにインポートボタンをタップすると、あっという間にインポートが終わります。

インポートされたデータはこんな感じ。

Screenshot / Keeper / List View

グループもインポートされています。

Screenshot / Keeper / Folder View

シンプルなパスワードエントリーはこんな感じに。

Screenshot / Keeper / Simple Password Entry

フィールドをタップすると内容がクリップボードにコピーされます。

Screenshot / Keeper / Field Copy

カスタムフィールドの内容はメモ欄にまとめて放り込まれています。

Screenshot / Keeper / Password Entry with Extra Fields

まとめ

これでiPhoneでKeePassのデータを見ることができるようになりました。ますますiPhoneが便利になりそうですね。

注意点

この方法ではFTPを使ってパスワードデータをやり取りしていますが、超極秘データを平文でかつFTPでやり取りするというのは、セキュリティ上かなりのリスクがあると言えます。

なので、ホームネットワーク内にFTPサーバーを立てて、暗号化された無線LANを通じてやり取りするようにしましょう。

僕は余っているUbuntu Serverを使いました。FTPサーバーソフトウェアはWindowsでも良質なものがあるはずですし、なければUbuntuをLiveCDで起動してproftpdでもインストールしてやれば大丈夫でしょう。

間違っても、レンタルサーバーに平文ファイルをFTPでアップロードしてFTPでダウンロードするようなやり方はお勧めしません。

スポンサーサイト

関連記事

トラックバック URL

http://liosk.blog103.fc2.com/tb.php/194-35c6c924

トラックバック

iPhone用KeeperでKeePass 2.xのファイルを読むためのXSLTを更新しました
Keeperを使ってKeePass 2.xのデータをiPhoneで読む / LiosK-free Blog KeePassのエクスポート画面 (File -> Export) を起動したら、↑の図のようにFormatにTransform using XSL Stylesheetを選び、エク...
  • 2011-02-27
  • 発信元: LiosK-free Blog
KeeperでKeePass 2.xのファイルを読むためのXSLファイルを更新しました
Keeperを使ってKeePass 2.xのデータをiPhoneで読む / LiosK-free Blog KeePassのエクスポート画面 (File -> Export) を起動したら、↑の図のようにFormatにTransform using XSL Stylesheetを選び、エ...
  • 2013-03-10
  • 発信元: LiosK-free Blog

コメント

コメントの投稿

お名前
コメント
編集キー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。