iPhone用KeeperでKeePass 2.xのファイルを読むためのXSLTを更新しました

iPhone用KeeperでKeePass 2.xのファイルを読むためのXSLTを更新しました

[追記 (2013-03-10)] Keeperがカスタムフィールドに対応したので、XSLスタイルシートを修正して、改行を含まないカスタムフィールドはKeeperでもカスタムフィールドとして扱えるよう修正しました。この記事内のXSLスタイルシートは最新版に差し替えられています。

Keeperを使ってKeePass 2.xのデータをiPhoneで読む / LiosK-free Blog

KeePassのエクスポート画面 (File -> Export) を起動したら、↑の図のようにFormatにTransform using XSL Stylesheetを選び、エクスポートするファイル名としてkeeper.txtを指定します。

iPhone用のKeeperがいつのまにかURLフィールドとアプリ内ブラウザに対応していたので、KeePassのエクスポートに使うXSLスタイルシートを仕様変更しました。

今まではメモ欄に詰め込んでいたURLをURLフィールドに表示するように独立させました。

XSLスタイルシート

使い方は元記事と同じです。

↑のファイルを適当な名前で保存して (view rawというリンクを右クリックして名前をつけて保存を選ぶ)、KeePassからデータをエクスポートするときにXSL Stylesheetとして指定してあげます。

以前は5カラムのTSVファイルが出力されていましたが、今回はURLフィールドを含んだ6カラムのTSVファイルが出力されます。

使い勝手

KeeperはURLフィールドに対応したものの、URLフィールドをコピーすることはできません。内蔵ブラウザが起動されるだけです。

URLをコピーしてSafariで閲覧するためには、一度エントリーの編集画面に入って、そこでコピーするしかありません。

正直なところ、内蔵ブラウザの使い勝手はなかなかアレなので (っていうか、セキュリティに敏感な部分でURLバーを非表示にするのはどうなんだろう)、URLフィールドを独立させるべきかどうかかなり悩みました。

せめて、URLをワンタッチでコピーする機能か、URLをSafariで開く機能が欲しかったところ。

結局は、編集画面からコピーしなければいけないのはメモ欄に詰め込んでいても同じなので、URLフィールドを独立させることにしました。

蛇足

元記事でも書いたとおり、Keeperを使ってKeePassファイルを読むのは、KeePass系アプリが充実してくるまでのつなぎだと思っていたのですが、予想外に使い続けています。

MyKeePassはKeePass 2系のファイルを読めるようになったのですが、マルチタスク未対応という点でKeeperに使い勝手が劣ります。他にKeePass系アプリが育ってくる気配もないので、しばらくはKeeperを使い続けることになるかもしれません。

スポンサーサイト

関連記事

トラックバック URL

http://liosk.blog103.fc2.com/tb.php/208-af6a8ef0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

お名前
コメント
編集キー