[XAMPP+Eclipse PDT]PDT1.0を導入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[XAMPP+Eclipse PDT]PDT1.0を導入

Eclipse PDTの1.0がついにリリース。早速導入してみた。

以前書いた[XAMPP+Eclipse PDT] WindowsでPHP開発環境に書いてあるとおりに進めていけばだいたいOK。

今回インストールしたバージョンは、

  • XAMPP 1.6.3a
  • Zend Debugger 5.2.10
  • Eclipse PDT 1.0

の3つ。PDTはall-in-oneを使用。

以前の記事と特に大きな違いはなくインストールできるが、デバッガ周りだけ少し変わっている様子。

  • PDT 1.0ではZend DebuggerだけじゃなくてXDebugにも対応している模様
  • Zend Debuggerを導入した後にphpinfo()を見てもzend_debugger.connector_portの項目が表示されなくなった
  • eclipseのほうでDebug Portを設定しなくてもデバッグできるようになった。デフォルトの10000のままでOK

インストールの段階で気づいた変更はこんなもん。まだ使いこなしていないからよくわからない。

スポンサーサイト

関連記事

トラックバック URL

http://liosk.blog103.fc2.com/tb.php/37-e3cad22c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

お名前
コメント
編集キー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。